留学中。写真はSeattleのEMP。現在ボランティアApply中。22歳。Microsoftの街Redmond WA在住。ホントはTsukubanian                  


by eagle-1009
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

HR

 
 また情報漏洩ですねー。嫌になりますね、ほんっとに。
 僕だって楽天で電子辞書とかデジカメ買ってますし;
e-commerceはリスク管理を徹底して消費者不安を拭わない限り市場として不完全ですね。



―――――――――――――――――――――――――――――――――――

【6カ国協議、核放棄、「脅威」の解消前提】

 【北京=秋田浩之】北京で開催中の6カ国協議で、北朝鮮が26日までの2回
の米朝協議を通じ、核抑止力を保有するのは米国などによる「脅威」が存在す
るためで、その解消が核放棄の前提になるとの立場を直接伝達していたことが
27日明らかになった。27日午前の全体会合では各国首席代表が2時間半にわた
り基調演説を行い、「朝鮮半島の非核化」に向けた基本方針を説明した。
 北朝鮮の立場伝達は複数の6カ国協議関係者が明らかにした。北朝鮮は26日
の6カ国協議の全体会合で、半島非核化に取り組む用意があると表明している
が、あくまでも米側の歩み寄りを前提としていることが浮き彫りになった。
[7月27日夕刊]
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

 こっちの方が本題として書きたかったのですが、拉致問題を現段階で協議する必要性があるかどうかや、核抑止の妥当性について深く言及する気はありません(そしてそこまで熟知もしてません;)。

 この記事を見て、「国家間関係」は「人間関係」とは似てはいるけど根本的に違うな、とちょっと思ったのです。
 
 国際関係はそれぞれの国家を「プレイヤー」とした国家間関係により規定される云々、という話を昔聞いたことがありました。
 
 そんな国家間関係と人間関係の違いはその行動の「合理度」にあると思います。
 
 人間関係って必ずしも合理的な選択だけで規定されないですよね。
 
 信頼できる友人が100万円どうしても必要で、頼れる人がお前しかいない、と言ってきたらどうしますか?
 
貸せるだけの財力があれば貸しませんか。
 
 自分にゆとりがなくても貸す人もいるでしょう。
 
 いわゆる「情」ってもんがあると思うんですよ。

 それに対して国家は国益を最優先に行動するのが原則ですから、基本的に自国の利益に反する非合理的な行動は取りません。

 「同盟国」(?)の日本や東アジアの国々の安全保障を考えて、国益をかなぐり捨ててまで米国が核抑止力を放棄することは絶対にない。
 
 なんらかの代替案を米国は必ず提示するし、北朝鮮もそれを知った上でのパフォーマンスを展開しただけです。
 
 もちろん人間も合理的に行動できる生き物だし、どれだけその人が大切かによって「情」の深さも、それを示す回数も変わってくる。

 でも、国家の合理度は人間の行動の合理度が0~99とすれば絶対に100だと思います。
 人間の群体としての国家同士の行動が絶対に合理的な行動をとるというのはおもしろいですよね。
 逆に、人間は幸福追求のために合理的な行動をする生き物であるという経済学上の前提は、モデル化のための単純化に過ぎず、鵜呑みにはできないと思っています(経済学を専攻しているのにもかかわらず、ですが)

 なんでこんなコト考えているのかっていうと、今日心理学の本を一冊立ち読みしたからです。その本の内容は別に上に書いてあることとは関係ないのですが、

 人間と人間の「間」、「関係」

 って面白い、と最近つくづく思います。
[PR]
by eagle-1009 | 2005-07-29 21:59 | tHink about it!