留学中。写真はSeattleのEMP。現在ボランティアApply中。22歳。Microsoftの街Redmond WA在住。ホントはTsukubanian                  


by eagle-1009
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

choice

 がらんどうな部屋。
 無造作に置かれているトランクと友達に貸すソファ。
 

 明日からは友人宅にやっかいになります。
 

 自分の所有物がこの手を離れてトランクとバッグ二つだけっていう身軽な状態になると、急にもうすぐイナクナルっていう実感が沸々と沸いてくるもんなんですね。

 友達に三台も車を出してもらい、知り合いのツテで荷物を一年間タダで倉庫に置かしてもらい、夜が明けるまで送別会をしてもらいました。昨日はそんな一日でした。

 俺は基本的に人に何でもかんでも頼るのが嫌いなタチで、出来るだけ自分で何とかしようとする癖に、結局いろいろな人達に助けられて今まで過ごしてきました。

 特に今回に関してはホント色々な人たちに助けられて、応援してもらって、支えてもらって留学にこぎつけることが出来ました。本当に感謝しています。

 

 何かを選択するということは何かを選ばないということ。

 2時頃に目が覚めて、二日酔いの虚ろな頭で貰った寄せ書きに目を通しながら、ふと頭に浮かびました。

 進路にしても、恋愛にしても、今日は自炊にするか外食にするかっていう日常の細かな選択ひとつをとってもそこには必ず「違った結果」ってあったはずで、大きな選択になればなるほど自分が選んだことには覚悟が必要になってきます。

 「たら、れば」を口にして後から後悔しない、自信をもってこの道を選んでよかったって言える自分がそこにいることってすごく大切なことだと思います。

 選んでやってきた筑波。
 これだけいろいろな人に出会って、一緒に色々なことを話して、経験して、ぶつかったり、傷ついたりしたことがあっても、ここに来てよかった、そう言える自分がいます。

 そんな居場所を一時的にでも離れる選択をしたことをしっかり胸に刻んで、これから過ごしてゆきたいと思います。

 
[PR]
by eagle-1009 | 2005-09-11 22:56 | sTudy abRoad