留学中。写真はSeattleのEMP。現在ボランティアApply中。22歳。Microsoftの街Redmond WA在住。ホントはTsukubanian                  


by eagle-1009
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

脱典型的失敗留学生

先週末


友達の誕生会に行きました。



ワインを買って、車をブーンと飛ばすこと五分。その娘の家に到着。

ドアを開けると…





いたんですよ。







わらわらと。








見渡す限りの日本人の群れ・群れ・群れ








ブログにこそ今まで書いてきませんでしたが、この大学内に生息する日本人の数は以前我が家に巣くっていたゴキちゃんのそれを遥かに凌駕します。


そして、今まで書きこそしませんでしたが、俺にとって留学して以来目下最大の悩みの種は、この日本人の多さなのです。


誕生日だった彼女はおよそ四十人近い日本人を呼んでいたわけですが、そうだと知っていたら顔を出さなかったかもしれません(後日個人的に祝ってあげるみたいな)。広大なアメリカの大地で一つの家に鮨詰めにされている日本人の一団。鳴り響くJ-Pop。



別に日本人排他主義になったわけではないんです。


でも、ここまで多いといい加減腹立ってくるわけですよ、ココ来るために色んなもん犠牲にしてきてるんだからさ。




確かに俺の留学の目的は英語をペラペラになることではありません。

目的の3分の2以上は帰国後の就職活動、そしてこれからのキャリアパスに向けた、インターンシップ・経営学の修得・実践的なカリキュラムによる能力向上などなど、いわゆるキャリアアップなわけなのですが。

日本で出来ることをわざわざアメリカにまで来てやってるのはココでしか得られない経験があるからです。
それは、欧米人のモノの考え方や文化的背景、住んでみてわかってくるココと日本の違いなのかもしれません。

そして、それよりも大切だと思ってるのは、ろくに話も通じない環境で必死に喰らいついていくことで見えてくる等身大の自分自身だと思います。




何故、日本人ばかりで群れたがり、日本語だけを話そうとするのでしょうか。
みんな金持ちだから遊学のつもりで来てるんですか。
留学は行くことに意味があって、帰ったら「帰国」っていう就活免罪符でももらえると思ってるんですか。
見送ってくれた友達や応援してくれた両親のことを考えたことありますか?



英語ペラペラになるために来たわけじゃない俺だって、英語が喋れるようになることが、この社会にコミットするために絶対必要な鍵だってことぐらいわかるぜ?




たとえ日本人が多くても、やる気があって、ESLなら英語頑張る、IBPならビジネス頑張る、ってオーラ出てる人ばっかだったら良いんですけど。


日本語しか喋らんと、何しに来てるのかわからん人達だからって、それだけで人格否定するわけにはいかないし。日本語で話しかけられて英語で切り返すと露骨に嫌な顔するのはやめてくれ。


このクオーターは単科の授業も取れないので、日本人と会わない時間などありません。

いっつも悩むことといえば日本人との付き合い方です(アメ人との付き合いで困ったことはあまりない)


お世辞にもあまり頑張っている日本人は見ません(頑張ってる日本人はいつも俺との会話は英語です)。




そろそろ飽きました。




最近、日本人がいなくて興味のある活動してるコミュニティーを探しまくってます。
[PR]
by eagle-1009 | 2005-10-25 11:01 | tHink about it!