留学中。写真はSeattleのEMP。現在ボランティアApply中。22歳。Microsoftの街Redmond WA在住。ホントはTsukubanian                  


by eagle-1009
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

一休さんも言ってるよね



ブレーキがうまく利かないんですよ。

うまく運転できません。ちゃんとハンドルも切ってんのに。

駐車場で、普通の二倍はある白いバンの車体の下に俺の車が突っ込んでって、突っかかったところで目が覚めました。




そう、まあ夢の話なんですけどね。


「運転する夢」はその人の現状を表してるなんて言うそうで。

スムーズに運転している夢は物事が順調にいく印、うまく運転できない夢は極度の疲労、ストレスやSympatheticで予知的な意味合いがあるそうで。



非っ常に意外かもしれませんが、鷲田は夢やデ・ジャブには結構意味合いがあると思ってます。


デ・ジャブはここ2・3年腐るほど経験しました。
筑波に入ってから「あっ、この桜並木みたことある」とか「んっ、この会話前にもしたことあるぞ」とか、ひどい時は一日に4・5回デ・ジャブるのです。
そのほとんどが夢で見たり、経験したことなんですよねー。不思議ですねー。

アメリカに来てからも、ちょくちょくデ・ジャブります。

人間が何故夢を見るのかを科学的に証明するにはまだ相当の年月がかかると思います。夢は起床中のエネルギーの捌け口として現れるものだという意見もあります。多くの夢はそうでしょう。おきたら忘れてるしね。
でも、頭にこびりついて離れない夢はどうなんでしょう。無駄なものがわざわざ記憶に留まっているとは思えないし、何より予知的・共時的な夢(そこからくるデ・ジャブ)をたくさん経験しているので、少なくとも気には留めるようにしています。


世界って俺たちが知覚器を通して感じているものを指すわけで、そう考えると何処からがリアルでどこからが夢の世界なのか、定義する術はありません。予知的・共時的な夢はそんな曖昧なライン上から出てくるのかもしれません。



で、何が言いたいかっつーと、最近忙しかったからThanks Giving くらい休もうか、と言うことです(笑)
[PR]
by eagle-1009 | 2005-11-23 10:59 | dAily life