留学中。写真はSeattleのEMP。現在ボランティアApply中。22歳。Microsoftの街Redmond WA在住。ホントはTsukubanian                  


by eagle-1009
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

う~ん


毎週火曜は夜の9時から地元の若いのとバスケに行っているんすよ。
5 on 5の勝ち残りで、勝ったチームが永遠にコートに残る方式。
今日も行ったんですが、どういうわけか2時間近く勝ち続けましてですね、バッシュ脱いだら足の裏が腫れ上がってるんですわ。アクセル踏むだけで痛いのですわ。アイシングしたけど、明日学校行ける自信がありません(泣)



さて、話は変わるんですが、ちょっと反省しなければ、ということが。

かなーり前に日本人が多くて困ってるっていう話を書きました。・・・えぇ今回も日本人絡みなんですが。

今学期は忙しすぎるのも手伝ってか、先学期みたいに憂鬱になることは全然なくなりました。

英語を四六時中話すようにして大分経つこと、今学期から現地学生の授業が主体になったこと、色々顔出すようになって長いから大分現地人と絡むようになってきたこと、などなど、色々な要因が重なって「あぁー、やっと留学っぽい」って感じるこの頃なんです。

でも逆に他の日本人を無意識的に見下してる自分に今日ちょっとしたことで気が付いてしまったんです。もしくは他の日本人と自分を常に比較している、とでもいうのか。

俺は日本人だからって色分けしたくないので、道で会えば挨拶するし、世間話もするし、たまには一緒に飲んだりもします(俺だけ英語使ってるっていう奇妙な構図が生まれますが;)

でも、心の底では、「俺はこいつらよりは頑張ってるぜ」っていつも思ってたんですよね。

また、日本にいたときの友達と比較したりもしますよね。「あいつだったらこう言うだろう」とか、「こいつだったらああするだろう」とか。


今日突然そんな自分が浅ましいと思いまして。

俺はまったく誰の助けも借りずにここで生活しているわけではないんです。

彼らに助けてもらったり、一緒にいてもらって助かったこととか反芻してたら、いつの間にか自分がSelfishになっていたのではないかと感じました。

このブログのタイトルにもありますが,

Dayz with mirrors of myself

自分が今いる環境、出会う人、起こる出来事、全ては自分自身が潜在的に考えていること・思っていることの「鏡」だと思います。

自分自身が潜在的に思い描いていることが現実に捻出されるっていうか、心理学で言ったらユングの「シンクロ二シティー」というやつでしょうか。

他人と比較したり見下したりしてると「天に唾を吐く」的にしっぺ返しを食らうもんなんですよ。「今日のちょっとしたこと」ってのはそういう出来事です。

反省です。
勝手に人を裁く権利なんて誰も持ち合わせてないっすから。


大体、頑張るのは自分のためであって、他人と比較するものじゃないんですよね、根本的には(いい意味でライバルってのは別だけど)。


うーん、もっと大人にならなければ(親父ではない)。
[PR]
by eagle-1009 | 2006-01-25 18:23 | tHink about it!