留学中。写真はSeattleのEMP。現在ボランティアApply中。22歳。Microsoftの街Redmond WA在住。ホントはTsukubanian                  


by eagle-1009
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

<   2005年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧

Cleaning out my closet

 ブログメインの画像を変えてみました。
 
 ちなみに伊達メガネですけどね。

 
今日は部屋の片付けしかしていませんをしました

 ベッド下の魔のzone

 4時間の格闘の末、埃まみれの服、およそダンボール3・4箱分を昇天させました。

 高校時代から来ている服

 ちょっと思い入れのある服

 捨てるのは惜しかったのですが、友人や旅先で頂いたもの以外で現在着ていないものは全て処分しました。

 留学で部屋を空けるから荷物を減らしたい、だから捨てたーそれだけなのに、悲しい気持ちになるのは何故でしょうか
[PR]
by eagle-1009 | 2005-07-30 19:02 | dAily life

HR

 
 また情報漏洩ですねー。嫌になりますね、ほんっとに。
 僕だって楽天で電子辞書とかデジカメ買ってますし;
e-commerceはリスク管理を徹底して消費者不安を拭わない限り市場として不完全ですね。



―――――――――――――――――――――――――――――――――――

【6カ国協議、核放棄、「脅威」の解消前提】

 【北京=秋田浩之】北京で開催中の6カ国協議で、北朝鮮が26日までの2回
の米朝協議を通じ、核抑止力を保有するのは米国などによる「脅威」が存在す
るためで、その解消が核放棄の前提になるとの立場を直接伝達していたことが
27日明らかになった。27日午前の全体会合では各国首席代表が2時間半にわた
り基調演説を行い、「朝鮮半島の非核化」に向けた基本方針を説明した。
 北朝鮮の立場伝達は複数の6カ国協議関係者が明らかにした。北朝鮮は26日
の6カ国協議の全体会合で、半島非核化に取り組む用意があると表明している
が、あくまでも米側の歩み寄りを前提としていることが浮き彫りになった。
[7月27日夕刊]
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

 こっちの方が本題として書きたかったのですが、拉致問題を現段階で協議する必要性があるかどうかや、核抑止の妥当性について深く言及する気はありません(そしてそこまで熟知もしてません;)。

 この記事を見て、「国家間関係」は「人間関係」とは似てはいるけど根本的に違うな、とちょっと思ったのです。
 
 国際関係はそれぞれの国家を「プレイヤー」とした国家間関係により規定される云々、という話を昔聞いたことがありました。
 
 そんな国家間関係と人間関係の違いはその行動の「合理度」にあると思います。
 
 人間関係って必ずしも合理的な選択だけで規定されないですよね。
 
 信頼できる友人が100万円どうしても必要で、頼れる人がお前しかいない、と言ってきたらどうしますか?
 
貸せるだけの財力があれば貸しませんか。
 
 自分にゆとりがなくても貸す人もいるでしょう。
 
 いわゆる「情」ってもんがあると思うんですよ。

 それに対して国家は国益を最優先に行動するのが原則ですから、基本的に自国の利益に反する非合理的な行動は取りません。

 「同盟国」(?)の日本や東アジアの国々の安全保障を考えて、国益をかなぐり捨ててまで米国が核抑止力を放棄することは絶対にない。
 
 なんらかの代替案を米国は必ず提示するし、北朝鮮もそれを知った上でのパフォーマンスを展開しただけです。
 
 もちろん人間も合理的に行動できる生き物だし、どれだけその人が大切かによって「情」の深さも、それを示す回数も変わってくる。

 でも、国家の合理度は人間の行動の合理度が0~99とすれば絶対に100だと思います。
 人間の群体としての国家同士の行動が絶対に合理的な行動をとるというのはおもしろいですよね。
 逆に、人間は幸福追求のために合理的な行動をする生き物であるという経済学上の前提は、モデル化のための単純化に過ぎず、鵜呑みにはできないと思っています(経済学を専攻しているのにもかかわらず、ですが)

 なんでこんなコト考えているのかっていうと、今日心理学の本を一冊立ち読みしたからです。その本の内容は別に上に書いてあることとは関係ないのですが、

 人間と人間の「間」、「関係」

 って面白い、と最近つくづく思います。
[PR]
by eagle-1009 | 2005-07-29 21:59 | tHink about it!

コーカサスオオカブト

 長野から帰ってきて二日。
 湖畔の大自然で小学生と戯れてました。
 
 湖の冷たさに騒ぐ子供。
 
 キャンプファイヤーでテンションがあがる子供。
 
 クワガタにいろんな虫を戦わせて首チョンパになった虫に興奮する子供。

 ムシキングというカードゲームやTVゲームが流行っているそうです。
 クワガタやカブトムシに超必殺技があるなんて末恐ろしい世の中です。

 五日間非日常的な空間にいたことで、かなりの気分転換になりました。子供は無邪気で、たまに憎たらしいほど言う事を聞かないので、他の事を考える余裕もないほど子供・子供・子供の5日間でした。

 帰宅翌日から始めたビザ申請手続きも明日にはなんとかけりがつきそうです。後は面接日を決めるだけですね。段々と留学が現実味を帯びてきました。
[PR]
by eagle-1009 | 2005-07-28 22:20 | dAily life

As a man sows, so shall he reap.

 昨日は東京でwindow shopping.
 朝の九時にセンターに集合。
 一時間遅れる友達。
 昼飯を奢らせる僕。
 
 原宿→渋谷→中目黒→代官山→(電車)→原宿→中目黒
 
 歩きました。
 迷いました。
 ナチュラルハイで全力ダッシュもしました。
 
 神宮前で「假屋崎省吾」の自宅&花道教室発見!!
 …あんまり嬉しくありませんでした;

 10時過ぎに帰宅。
 我が家でバンド関連のメンツが集まり宴。
 初対面のコにソファーとコンポと電器ジャーを略奪されかけました。
 僕は濁声だと罵倒され、ウチのベースは見た目の奇抜さと性格から

            「紅芋」

 というあだ名が定着しました。
 
 昨日は完璧なoffでしたね。
 明後日からは五日間長野です。
 
    どっちがoffでどっちがonなのか良くわからなくなってきました。
 
 とりあえず経営学の勉強をばします。

 
 
[PR]
by eagle-1009 | 2005-07-20 18:36 | dAily life

溺れる魚②

 かわいいお姉ちゃんどころか、同年代の人間すらいない始末。完全に出鼻を挫かれた我々は見渡す限りの人の海に圧倒されつつも、果敢にも泳ぐことを決意したのでした。

 発見②: 先に言っておきます。誤解のないように。

               わたくしカナヅチです

 っていうか水に浮かないのです。大学に入るまでは体脂肪を一桁台でずっとキープしていたため、「脂肪のないやつは浮かないんだよっ!!」と根拠もないくせに虚勢をはり、

                  泳げるけど沈む男

 を自負していました。今週末から始まる野尻湖でのYMCAの小学生キャンプを念頭に、少しでも浮くことができるようになれば、と思ったのもあって市民プールに馳せ参じたのです。

 しかし、重大な事実が発覚。

                  友達も浮けない男でした
 
 俺達ゃどうしようもないなと思いましたが、浮けないのにもかかわらず、奴はかなり泳げています。おお、ぐいぐい泳いでく。速ぇ、速ぇ。僕も浮けないにしてもとりあえず泳いでみます。
 ざぶんっ。    
 …??

 ここでまた二つのことが発覚しました。僕は泳げるけど沈む男、もとい

                   泳げるけど沈む男
 
 だったようです。客観的に判断すると。っていうか生まれてこの方まともに泳いだ経験がないいんですよ。
 夏場でも地元北海道の海は肌寒い。プール学習も小学校で終わります(代わりにスケートとスキーを冬場にめいいっぱいやらされます)。友人とプールに言った経験も記憶にありません。プールに休憩時間があるなんて、今日はじめて知りました。ちなみに海に行っても寒いから足だけ浸かるだけです。…まあ言い訳ですけどね。
 結局友達に小一時間ほど手ほどきを受けました。子供だらけのプール。泳げない大学生。かなり辛いものがあります。

 友達は浮かないのにもかかわらず、ホントによく泳いでいました。ヤツ曰く、「体脂肪のないやつが浮かない」のは正しいと。競泳選手が筋トレするときは、つける部分に細心の注意を払うものだと。うーん、そういうものなのか、やっぱり。であれば、今まで浮かばなかったのも仕方なかったのかなと少し安心するとともに悲しくもなりました。

 とりあえず、自分の泳げなさっぷりがわかっただけでも収穫でした。泳げるものだと勘違いして子供の前で醜態を晒すところでした;
[PR]
by eagle-1009 | 2005-07-19 01:47 | dAily life

溺れる魚①

   暑い。
  
  アツい。
 
   atui !!

 今日は友達と市民プールに行きました。冷房が効いてる部屋から日中に外に出るのは何か久しぶりな気がする。
 
 私、プールに行って二つの発見をしました。

 ①: 「今日は何の日ふっふ~(TV風に)」
  
  市民プールといえど、連日のうだるようなこの暑さ。きれいなお姉ちゃんの一人や二人はいるだろうと、少々期待していましたが、

            家族連れしかいませんでした
 
 しかも数が半端ではない。キャッキャとはしゃぐ子供たちの群れ、群れ、群れ。
 温泉に浸かっているような気分でした。なんかこんなに人がいるのに泳いじゃったりしていいのかなー、みたいな?

 友達と顔を見合わせました。オカシイ。いくら暑いからって平日だぞ?こんなにファミリー連れがいるわけがない。はっと気づきました。

            そう、今日は海の日だったのです。

 「明日は海の日だよー、パパぁー。海行こうよー。」 
 「そうだなー、せっかくだから泳ぎに行こうか!きっと海は人がいっぱいだし、明日はプールにしよう。」
 真夏の暑さの中で日頃仕事で駆けずり回っているお父さんたち。せめて海の日ぐらいは家族サービスしようと、頑張ってプールにやってきた意気込みが、日陰に座って小休止している背中から浮かびあがります(あと腹回りとかからも)。
 こうやって家族サービスが増えて家庭が円満になるなら、何で制定されたのかイマイチわからないマイナー休日もいいもんですね。
 
[PR]
by eagle-1009 | 2005-07-19 01:13 | dAily life

ハマリ物・嵌まる者

 やばいっ!!
 
 ストーリーが面白すぎ!
 
 世界観がよく練られてる!d0049745_1718082.jpg


 魔物の描写がまともな神経の持ち主が書いたものとは思えない!
 (ごめんなさい、誉め言葉ですばい)

 ぜひ読んでみてください

                 「ベルセルク」(Berserk、1~28巻まで好評発売中)

 
 
[PR]
by eagle-1009 | 2005-07-14 17:19 | dAily life

まねーじめんと

 最近2日=1サイクルの毎日。
 
 バイト16:30~2:00→
 睡眠3:00~12:00→
 立読み・遊ぶ・飲む・ギター弾く・たまに本読む、ラジオ英会話、留学手続13:00~2:00→
 睡眠3:00~12:00→
 ぼーっと過ごす13:00~16:30→
 バイト16:30~2:00→ ∞


 「るーちーんわーく」ってこういうことをいうのか?
 気づいたら七月前半戦終了。

 昨日バイトに区切りがついきました。やっと自分のリズムで生活できるってもんです。
 勢いあまって一昨日ぐらいから経営学の本を借りてきて独学中です。
 
 どうせ行ってから(アメリカに)なんとでもなるべっ!って思ってました。
 
 甘い甘い。四季彩(有)の経営体制よりも甘い。
 どうも楽観的な性格なので経営学を甘く見てました。
 経済学と経営学って兄弟みたいなもんでしょ?と思ってたんですが、似ているようで違うんですね。

 経営学とはなんぞや?(Wikipediaより)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 
経営学とは「社会システムの中で企業がいかに運営されているか」を解明する学問である。その対象は企業に限定される。広くは、企業だけでなく、官庁組織、学校その他一般に組織といわれるものすべてを含むと考えられる。

河合忠彦ほか『経営学』、有斐閣、1989年9月

企業を対象とする領域学
経営学とは、「企業」という特定の領域を対象とする領域学のことである。「領域学」とは、経済学・社会学・心理学などのように、特定の限られた変数群と一定の理論的枠組みとを用いて、対象世界に接近する「ディシプリン」の学問ではなく、教育学や宗教学と同じように、変数群や理論的枠組みを特定化するのではなく、むしろ対象世界を特定化して、それに対して多面的に接近する学問であることをいう。その領域学としての経営学の対象は、企業である。企業は形式的には生産の担い手であるといわれるが、生産という言葉のなかには、財・サービスをつくるという意味はもとより、新しい知識を生み出す(イノベーション:革新)という意味もまた含まれる。

榊原清則『経営学入門』、日経文庫853、2002年4月
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 経済学ではミクロ経済学、マクロ経済学などの一定の理論を用いて、公共・医療・環境・交通など様々な対象に対して学問を応用していきます。
 
 逆に経営学では対象が原則的に「企業」に絞られていて、それを多角的な面から分析し、現在の社会システムにおいてどのように成長・競争してゆけばよいかを考える学問らしいです。
 本を読み進めていくうちに、経営にもいくつかの原則があってそれを踏襲していなければいけない…など結局経済学と似たものなのではと思うところもあるのですが、定義的に手法が違うものであると理解するようです。

 っていうか思ったより読みやすいんですよ、本が。経済学がわかりづらかったのか、ゼミの教科書がわかりづらかったのかはわかりませんが。
 でも、基本的に「わかったフリ」をするのが得意なので(笑)、しっかり理解してから先に進まないととは思ってます。

 
 頭の中で考えがまとまらない時・何がしたいのか自分でわかっていない時に、僕はよく

               「欲望・目標MAP」

 なるものをしたためるのですが、いや~、こと人の欲深いこと。
 優先順位的に経営の勉強と英語力の向上は First Priority なので、

           「ガンガン頑張っちゃおうかな~、おじさん」

 と思ってます。(変な意味ではアリマセン)

 自身のマネ~ジメントからとりかからねばっと。


 
[PR]
by eagle-1009 | 2005-07-14 17:07 | reflection

バイトが終わって帰宅。
今日もキツかったな~って腰のチェーンに手を回す。

……チェーンごと家鍵がねぇ!!!

あっ!バイト先に忘れてきたんだ、と気付くも遅し。
馬鹿、ヴァカ、俺のばか(大泣)

冷静になってどうすべきか考える。
バイト先に電話。もう従業員は帰宅or椅子をベッドに就寝。ツナガラナイ。
友達ん家に泊めてもらうか??…いや、携帯が死にかけだわ。

まさかとは思うが鍵のかけ忘れを確認。さすがに施錠してる。

窓は?





空いてた(ToT)


自分のアホさ加減に二度驚かされました。
大切なモノはきちんと管理しましょう。
失った時に初めてどれだけ大切かわかります。

はい、うまくまとめようとしてるだけです。
[PR]
by eagle-1009 | 2005-07-12 02:41 | dAily life
 中央線内の電車広告~

 多国籍合コンを開きたい(ネイリスト)
 
 ニュージーランドでワインとゴルフに生きる(メーカー定年退職)
 
 ブラックバスを全部アメリカに戻す(公務員)
 
 通訳のいらない政治家になりたい(渋谷区議会議員)

 …etc.

 最近久しぶりに東京で電車に乗ったときに見た広告です。英会話の広告だったでしょうか。
 英語がもっと喋れるようになったら…僕も彼らのように人並みに夢もって胸いっぱいですが、経営の勉強とインターンがメインの今回の渡米で、英語を学ぶことの持つ意味合いはなんなのか、ちょっと考えてみたりしています。
 
  先日友人と飲んだ際に、海外の方がお前は性にあってるかもなと言われました。
 
 確かに僕のお袋の家系は、今はともかく以前はドイツやらフランスやらに住んでた人達や、仕事柄東ティモールに滞在していた人などがいて結構グローバルです。お袋でさえも中国語で仕事もらってます。
 強制されたわけではないのに、環境的になのか、遺伝的になのか、なんだかんだ言って生活の中に外国語が組み込まれて、溶けていく。今までは気に留めていなかったのですが、留学を目前に控えて当たり前のようにまた英語を勉強しなおそうとして「ちょっと待てよ」と思いました。

 俺はなんで英語を勉強しなきゃならんのだろう

 英語が喋れるとかっこいいです。それに、ほかの言語にも共通することですが、日本語で会話をしているときと、外国語で会話をしているときでは自身の性格も変わってきます。それもまた楽しい。
 言語ってツールなんですよね?
 文化やものの考え方、国民の特性って、自分がその言語を用いることができるようになるにつれてぼんやりとわかってくる。
 コミュニケーションの窓、新しい世界・出会いへの鍵
 やっぱりそうなんじゃないんでしょうか。

 英語を喋ることを通して出会うことの出来た友達や新しい場所は、間違いなく色々なモノの見方を変えてくれたし、それは間違いなく今根付いていると思います。

 将来的にどうしても英語や他の言語が必要不可欠な職業につきたいと思っている人は別として、僕の将来像では日本国内でも、海外でも全然問題はありません。
 とりあえずやっとけば役に立つから、という免罪符を手に海外に旅立った人を見てきただけに、昔はともかく、今の俺にとっては英語は目的そのものではないよな、という気持ちは漠然とありました。
 
 将来のための目的プラス少し開けた世界
 
 大体あっちの人と意思疎通がとれなかったらやりたいことも、学びたいこともうまく出来なくて本末転倒ですからね。ツールとしての英語。いろんなものを見聞き経験するためにも、こっちにいる残り少ない期間を使って少しずつ昔のレベルに戻していきたいものです。
[PR]
by eagle-1009 | 2005-07-10 17:14 | sTudy abRoad